物件を貸す前に

メンズ

家賃保証会社に不動産物件を委託する前に、あらかじめ家賃を決めておく必要がありますが、相場を確認してから決めるのが一般的です。家賃相場は地域や間取り、築年数によって異なりますが、リフォームをしていると古い築年数であっても同年代に建てられた物件より高く設定できます。あらかじめ家賃保証会社と相談し、地域の家賃相場をはじめ、物件の状況、どれくらいの価格であれば満室になりやすいか確認してください。ターゲット層が明確になっている物件こそ比較的借りられやすく、家賃の設定も簡単になるといわれています。同価格帯の物件と比較し、初期費用や更新料を含め、自分の物件の家賃と比較する事も入居者を増やすためには必要です。初期費用が高額な物件は比較的敬遠されやすい傾向があることから、できるだけ初期費用に負担をかける事は避けましょう。家賃保証会社と相談し、ターゲット層が借りやすい初期費用に設定することが、入居者を増やすためには必要です。インターネットで不動産情報を確認すると分かりやすいですが、条件に関して不動産サイトでは細かくチェックできます。そのため、自分の物件に対しても、多くの人が検索しやすいような価格設定にすることも、検討してください。ただし、物件をあまり低価格にすると、家賃保証会社と物件にかかった費用を取り除いた家賃収入に影響しかねません。そのため、家賃収入に負担の少ない形で競合物件や相場と比較してから家賃を決定し、家賃保証会社にお願いする事が一番です。